中古車 査定 相場表

エンジンを点検しない人は意外に多いのではないでしょうか。確かに最近の自動車は保証することがありませんが、常にエンジンの状態を確認しておく事は、やっておくべきでしょう。まず第一はエンジンオイルです。エンジンオイルは、使っているうちにエンジン内の汚れを取り込んでしまい黒く変色していきます。この変色程度であればそれほど気にする必要はありませんが、やはり潤滑油ですのである程度のサイクルで保管しておくことが望ましいと言えるでしょう。さらにこのオイルはガソリンと一緒に燃焼されてしまうので、少しずつ減っていってしまいます。やはり定期的に追加しておく必要があるのです。そのオイルの減り具合はレベルゲージで確認してください。オイルには高いものから安いものまで、いろいろな種類がありますが、よほど高性能なエンジンでない限り高いオイルは必要ないでしょう。またブレーキオイルも定期的にチェックしておく必要があります。ただしエンジンオイルと違い、とてもデリケートなのでむやみに容器を開封したりしないようにしましょう。ブレーキのオイルなのであまり雑に扱うと重大な事故に繋がりますので、あくまでも慎重に取り扱って下さい。さらにラジエーターの冷却水もチェックしましょう。最近はオーバーヒートする車などあまりありませんがラジエーターの故障による冷却水不足で立ち往生するということがないわけではありませんオーバーヒートはエンジンそのものを故障させる重大な原因となります。これによりエンジンの交換となれば数百万円の出費を覚悟しなければいけなくなるかもしれません。そうならないためにも定期的な確認が必要になるのです。