中古車 査定 相場表

自動車に備えておくと緊急時に使えるものがあります。まず真っ先に思い浮かぶのは懐中電灯でしょう。最近の自動車には標準装備されていますが、小さな懐中電灯1つだけでもダッシュボード中にしまっておけばトラブルの時に便利です。夜、突然自動車が故障してしまった場合など、大いに役立つことでしょう。昼間であってもエンジンの裏側を見る場合などには光が届かない場合がありますので、小さな懐中電灯はとても役立ちます。さらに常備しておきたいものはが必要なハンマーです。これは窓ガラスを内側から破るためのものです。集中豪雨などにより自動車が水没してしまった場合、簡単にドアは開きません。そんな歳に脱出するその時にはやはり窓ガラスを割らなければならないのです。自動車の窓ガラスは人の手で割れるようなのではありませんので、やはりハンマーがあると便利でしょう。また、衝突事故でドアが開かなくなってしまった場合などにもこのハンマーは便利です。さらに、カッターと一体になってるものであれば、シートベルトを切るなど、緊急時にも使えるのです。さらに、絶対に常備しておきたいものはバッテリーのブースターケーブルです。最近の自動車がほぼ電子化しているので、バッテリーがあがってしまえば全く動かなくなってしまいます。そのため、他の車からの電力を供給してもらう際にはこのブースターケーブルが必須になるのです。後はボロ切れがあるといいかもしれません。ガラスが曇ってしまった場合や、作業などで膝をつくば終わりにはこのボロ切れがあると意外に重宝するのです。